山岡達丸を応援する会ブログ

衆議院議員、元NHK記者、38才
衆議院北海道9区(苫小牧・室蘭・登別・伊達・胆振・日高)にて活動中

山岡達丸を応援する会
ブログ     http://tatumaru1979.blog.jp/ 
Facebookページ https://www.facebook.com/tatumaru1979 
Twitter    https://twitter.com/tatumaru1979 

苫小牧事務所
〒053-0021 苫小牧市若草町1-1-24
電話 0144-37-5800 FAX 0144-37-5801
メール yamatatu2188@gmail.com

室蘭事務所
〒051-0011 室蘭市中央町3-6-5 フルミチビル3F
電話 0143-24-8808 FAX 0143-24-8807

 昨日、衆議院予算委員会の分科会で質問に立ち、豪雪被害について2月9日、16日、19日の3日に渡って被災地入りし調査した際に見た現地の状況を交え、早急な対策を求めました。
 今回、山岡が取り上げた内容は多岐に渡りますが、主なものとして

(1)単なる大雪ではなく、日頃、ほとんど雪が降らないエリアでありながら、想定外の連続した豪雪だったことが多大な被害に繋がったこと
(2)豪雪被害により、ミニトマトやピーマン、ほうれん草などの出荷量が減ることで、産地としてのブランド力が低下することを地元は特に心配していること
(3)新規就農者、特に若い人たちが大きな被害を受けていること。こうした人たちは、地域の将来にとって非常に重要であり、対策の必要性があること
(4)本来ならば共済という農業の保険制度に皆が加入すべきだったが、それはこれから共済制度をもっと広く伝え、加入促進に山岡も務めること

などを伝えながら、いま本当に帰路に立たされている農家の方々に農水省として対策を打つよう訴えました。

 斉藤大臣からは、国会においてこうした報告がされたことの重要性を受け止めること、産地を壊すことは本意ではないこと、農水省としても福井など北海道以外の地域も含めて全国の状況をさらに調査し、実態を把握し次第、速やかに対策を進めるとの答弁をいただきました。
 大臣から方向性が示されたことは大きな成果ですが、具体的な中身については、これから詰めることになります。引き続き、地元の切実な思いを伝えながら、政府に働きかけを強めていきます。

180223予算委員会分科会質問01
180223予算委員会分科会質問02

 ここしばらく、日高地方を襲った豪雪災害の調査を進めたり、復旧対策のために各省庁との打合せを行っていますが、この問題を国会質問で取り上げる機会をいただくこととなりました。
 予算委員会の分科会で本日17時からということで、東京の政務事務所である議員会館や衆議院内にて、各省庁へヒアリングを行ったり資料を整理したりとバタバタと準備を進めています。
 現場に何度も通って現地で聞かせていただいた声を、しっかりと国会の場で届けていきたいと思います。

180222予算委質問準備中01
180222予算委質問準備中02
180222予算委質問準備中03

 昨日、鉢呂参議院議員とともに、高波災害によって不通になってから3年となるJR日高線の現状について、あらためて現地調査を行いました。
 今回の調査で、災害から3年間、きちんとした沿岸整備が行われて来なかったために、その後の度重なる波によってさらに地盤がえぐられて、線路が宙に浮くような状態にまでなっている現状が明らかになりました。
 同行した国土交通省の担当者によれば、国に要綱では鉄道復旧を前提にしないと補助による整備の対象に出来ず、事業者であるJR側が鉄道復旧の意思を示さないため、手が出せないとの説明がありました。
 地元の漁業者からは流出する土砂によって漁獲量に影響が出ることの懸念が示されているほか、山の上には国道があります。対策を取らないままならば、住民の生活に著しい悪影響を及ぼすことになります。
 3年間、国政の中で放置されてしまったことの深刻さをあらためて感じました。今からでも国政において必要な対策を求めるとともに、地域住民と共にある鉄道として前向きな議論を行えるよう取り組んでいきたいと思います。

 また、今回の調査では豪雪被害の調査として新冠町にも訪問しました。
 現地では、41歳の若手農業者のお話を聞かせていただき、鉢呂参議院議員と連携して復旧に向けた活動をを早急に進めることを確認させていただきました。

 それぞれの調査にご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。


182019JR日高線視察はちろ参議と02
182019JR日高線視察はちろ参議と03
182019JR日高線視察はちろ参議と01
182019日高豪雪被害視察はちろ参議と

↑このページのトップヘ