山岡達丸を応援する会ブログ

衆議院議員、元NHK記者、38才
衆議院北海道9区(苫小牧・室蘭・登別・伊達・胆振・日高)にて活動中

山岡達丸を応援する会
ブログ     http://tatumaru1979.blog.jp/ 
Facebookページ https://www.facebook.com/tatumaru1979 
Twitter    https://twitter.com/tatumaru1979 

苫小牧事務所
〒053-0021 苫小牧市若草町1-1-24
電話 0144-37-5800 FAX 0144-37-5801
メール yamatatu2188@gmail.com

室蘭事務所
〒051-0011 室蘭市中央町3丁目3-5 シルク中央3F
電話 0143-83-7451 FAX 0143-83-7452

 根室市などの1市4町の市長や町長、元島民の方々を中心につくる千島歯舞居住者連盟の脇理事長らが事務所にお訪ねくださり、北方領土隣接地域の振興や、北方領土返還の啓発活動にために作られた北方領土隣接地域振興基金について、基金の取り崩しをできるように法改正することなどの要望いただきました。

 基金は100億円規模で、昭和58年から積立られてきたものです。
 最近では、安倍政権の方針であるマイナス金利政策の影響などから、基金の運用益がほとんど上がらなくなっていて、ついには基金の原資を取り崩さなければ、啓発活動などの事業の縮小をせざるを得ない状況になっています。
 北方領土を巡っては、まさにいま日露の外交の議題に上がっているものであり、そうしたときに周辺地域での活動が縮小されることはあってはならず、山岡としても基金の取り崩しに理解を示すところです。

 一方で、日本とロシアの間における首脳会談で協議されている共同経済活動に基づいて、周辺地域でもその目的のために基金を使えるようにしてほしいとの要望もありますが、共同経済活動の中身はまだ分からない部分が多く、ロシア側の実効支配を強める結果に繋がることがないよう国内でも慎重な対応が必要です。

 元島民の方々や2世の方々も高齢化が進んでおり、次世代をにらんだ支援の拡充も必要となります。
 そうした点をふまえて、山岡が理事を務める沖縄北方特別委員会にて審議していくことになります。元島民やその後継者の方々の思いに沿うようにきちんと対応していきたいと思います。

180613北方領土陳情01
180613北方領土陳情02

 夏が短い北海道もいよいよイベントシーズン本番に突入してきました。
 先週末も、各地で行事やお祭りを回らせていただき多くの方と交流させていただきました。

 このシーズンの週末は胆振日高各地のイベントが重なるため、ご招待をいただいてもなかなか顔を出せないことも多く申し訳ないと思っていますが、皆さんと直接会ってお話しさせていただく貴重な機会ですので、出来る限り回らせていただきたいと考えています。

 写真は、安平町の瑞穂ダム植樹祭と苫小牧の糸井山神社例大祭の様子です。他にも多くのイベントに参加させていただきました。


180610安平町瑞穂ダム植樹祭01
180610安平町瑞穂ダム植樹祭02
180610糸井山神社例大祭01
180610糸井山神社例大祭02

 衆議院経済産業委員会において、「オゾン層保護法の一部改正法案」の議論をさせていただきました。

 フロンガスによるオゾン層の破壊は、いまから30年ほど前に世界的な問題になりましたが、この30年間の世界的な取り組みで現在のクーラーなどにはオゾン層を破壊しないフロンガスが使われるようになっています。
 しかし、オゾン層は壊さなくてもフロンガスそのものに、地球の温暖化を促進してしまう効果があるため、近年ではフロンガスに変わる安全な冷媒に切り替えていこうという機運が世界的に高まっています。

 こうした中で、日本国内でもフロンに変わる新たな冷媒に切り替えていく政策を進めるというのが今回の法案ですが、新しい冷媒をつくる技術は世界でも確立していないため、地球温暖化対策について日本が先行するための技術開発を進めることが大変重要であり、そうした視点から質疑を行わせていただきました。

 このほか、日高地方の新冠町の大規模酪農家において家畜排泄物のバイオマスエネルギー化による有効活用についての問題提起も行わせていただきました。

 経済産業委員会というと経済開発を進める視点ばかりと思われがちですが、経済分野から環境問題に取り組む視点でも議論を進めて行きたいと思います。


180606経済産業委員会

↑このページのトップヘ