山岡達丸を応援する会ブログ

衆議院議員、元NHK記者、40才
衆議院北海道9区(苫小牧・室蘭・登別・伊達・胆振・日高)にて活動中

山岡達丸オフィシャルサイト
https://yamaoka-tatsumaru.com/

山岡達丸を応援する会
ブログ     http://tatumaru1979.blog.jp/ 
Facebookページ https://www.facebook.com/tatumaru1979 
Twitter    https://twitter.com/tatumaru1979 

苫小牧事務所
〒053-0021 苫小牧市若草町1-1-24
電話 0144-37-5800 FAX 0144-37-5801
メール yamatatu2188@gmail.com

室蘭事務所
〒051-0011 室蘭市中央町3丁目5-15 シルク中央3F
電話 0143-83-7451 FAX 0143-83-7452

国会事務所
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館 306号室
電話 03-3508-7306 FAX 03-3508-3306


 北海道第9区(胆振・日高)の党総支部設立大会が開催、山岡達丸が新たな総支部の代表に選任されました。次期、衆議院選挙に向けて、総支部の皆様とともに一丸となって臨んでまいります。


 大会には、逢坂誠二道連代表や、連合胆振、連合日高の両代表に駆けつけていただき、また滝口のぶよし道議をはじめとして多くの関係者から激励メッセージをいただきました。

 コロナという新しい脅威が広がる中で、感染拡大防止のために大胆な政策変更の決断が出来ない今の政権に対し、真の意味で国民生活を守る政治を築くために、政権交代こそが最も国民の皆様の期待に応えることだということを訴え、また地域の課題の解決に取り組みに全力を尽くします。

1607775056642
1607775053723
1607775042322
1607775026563


 新型コロナウイルスの第3波が広がる中で、とりわけ北海道の感染拡大が深刻さを増しています。国が4月から実施している様々な支援措置は、12月に至るまでコロナが拡大するという局面を想定していませんでした。いまさまざま問題が指摘されているGOTOキャンペーンも、予算が組まれたのは4月。当時は秋には感染が収束していることが前提の議論だったのです。


 先日の経済産業委員会でも、梶山大臣に特に北海道について十分に対応するよう求め、また医療現場への慰労と人材確保のための予算や、医療ゴミ処理など関連する産業への支援策の拡充の必要性を訴えました。また北海道の事情として、冬に換気をすればその分の光熱費が大きく高騰するという地域状況についても、説明しています。

 いまも地域の方々から相談をいただきます。年末から年始にかけても気を緩めず、政治家としての役割を果たしてまいります。

1607002651488
1607002658967
1607002662511


 北海道では新型コロナウイルスの感染者数が連日、過去最大を更新していましたが、本日、初めての三桁となる1日119人の感染者が確認されました。


 北海道は、国内で初めてコロナの広がりが確認された地域でもあり、全国に先駆けて2月28日に緊急事態宣言を発信するような事態になりましたが、現在の感染者数は当時の人数をはるかに超えています。

 単純に検査体制の充実による増加分もあると考えられますし、GOTOキャンペーンなどによる国内の人の移動が原因の一つとも言えるかもしれませんが、シンプルに「寒い季節を迎えて、空気の乾燥が進むと感染が拡大しやすくなる」という、どのウイルスにも見られる一般的な特性に着目するべきものと感じます。

 つまり、札幌を中心とする感染の拡大は、来月くらいには東京などの大都市で、過去に無い程度に大きく広がる状況になりうるということを念頭に置き、国全体のこととして国民の生活と雇用、そして地域経済を守るための議論を進めていく必要があります。

 党の経済産業部会では、日本とイギリスの経済連携協定や、エネルギー問題などさまざまな課題を取り扱いますが、まさにコロナの追加的経済対策は最大の議題として、部会長の立場として取り組んでまいります。

1604568544896
1604568546676

↑このページのトップヘ