山岡達丸を応援する会ブログ

衆議院議員、元NHK記者、39才
衆議院北海道9区(苫小牧・室蘭・登別・伊達・胆振・日高)にて活動中

山岡達丸オフィシャルサイト
https://yamaoka-tatsumaru.com/

山岡達丸を応援する会
ブログ     http://tatumaru1979.blog.jp/ 
Facebookページ https://www.facebook.com/tatumaru1979 
Twitter    https://twitter.com/tatumaru1979 

苫小牧事務所
〒053-0021 苫小牧市若草町1-1-24
電話 0144-37-5800 FAX 0144-37-5801
メール yamatatu2188@gmail.com

室蘭事務所
〒051-0011 室蘭市中央町3丁目5-15 シルク中央3F
電話 0143-83-7451 FAX 0143-83-7452

国会事務所
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館 306号室
電話 03-3508-7306 FAX 03-3508-3306

 苫小牧の繁華街におよそ1700個のランタンを灯し、幻想的な街並みを演出するイベント『北海道フォトジェニックナイト』が今月から2月15日まで開催されています。このイベントは昨年9月6日の震災以降、宴会自粛などの影響を受けて特に被災3町に隣接する苫小牧は、深刻なほどに消費が低迷したことから、街に活気を取り戻そうと企画されたものです。

 写真は開会式のもの。山岡も、開催の後押しに動いた関係もあり、ご挨拶の機会をいただきました。

 雪と氷の中に、あざやかなランタンが彩る苫小牧の繁華街は、一見の価値ありです。期間中は豪華景品が当たるスタンプラリーも企画されていて、各店に行く楽しみも大きくなっています。またSNSを使ったフォトコンテストも実施されています。お近くにおられる方は、この機会に是非、苫小牧の繁華街に足をお運びいただけたら幸いです。


1548554305762
1548554316266
1548554322231

 長年、鳩山元総理の後援会長を務められ、現在は山岡後援会の会長代行として、ご指導をいただいていた戸部英一(とべ・えいいち)さんが、1月19日、肺小細胞がんでお亡くなりになりました。76歳でした。

 私が5年間の浪人生活を送っている間、戸部さんはいつも温かい声をかけてくださり、政治家としては誰も相手にしてくれないという厳しい環境の中でも、私の将来性に期待をかけてくださり、多くの人を紹介いただき、多くのアドバイスをいただきました。パークゴルフやゴルフなどの行事を企画するにあたってはいつもその中心にいてくださり、私と妻との結婚祝賀会においては呼びかけ人の代表を務めていただき、本当に言葉では言い尽くせぬほどのお助けをいただきました。新しく山岡後援会を立ち上げるにあたって、会長に御就任いただけないかとお願いをしたところ「山岡さんは若いんだから、後援会長は若い方がいい。俺は、会長代行になるから、会長を引き受けてくれる若い人を探そう」とおっしゃってくださり、現在の、加藤後援会長のもとで発足した、苫小牧に本拠を置く山岡後援会が立ち上げに多大なお力をお貸しくださいました。

 あらたな後援会が軌道に乗り始めた昨年の11月ごろ、戸部さんは体調を崩され、苫小牧市内の病院の診断を受けたところ、突然の余命3ヶ月の宣告。末期のがんということでしたが、戸部さんは放射線治療や抗がん剤などの延命治療の選択をしませんでした。「山岡さん、俺は薬に頼るのをやめたんだ。俺の免疫力で、自力で回復してみせるよ。冬の苫小牧は寒いから、しばらくは内地府県にいくけど、暖かくなったころにまた苫小牧で会おう」とおっしゃられ、その身を息子さんのおられる横浜に移されました。このあとも何度か、後援会の進捗状況のご報告のために、お電話を差し上げ、「そうかそうか、順調か。それは良かった」というお話をいただいていましたが、日に日に声が苦しそうになっておられる中で、にわかに予感を感じさせるものはありました。

 しかしそれでもあまりにも早すぎて、いまだ現実感がありません。22日、23日にご葬儀が行われ、私も妻とともに参列をさせていただきましたが、真面目な顔をしている戸部さんの遺影を見ていても、すぐに破顔して、満面の笑みと地声の大きな笑いとともに、「山岡さん、俺の葬式は長いなあ」などと、話しかけてきてくれそうな、そんな錯覚に陥りそうになりました。

 戸部さんは苫小牧市議会の議長を務められ、政治家を勇退されたあとも、町内会長、スポーツ少年団野球部会長、ゲートボール協会の役員など多くの地域活動のリーダーとしての役割を引き受けられ、医療・福祉団体の理事なども歴任されるような名士でありながら、私のような若輩者にも分け隔てなく、偉ぶることもなく、気さくに声をかけてくださり、お茶目で表情豊か、多くの人に愛され、頼りにされ、信頼された稀代の人格者であったと思います。お亡くなりになられたことが本当に残念でなりません。しかし、くよくよしているばかりでは、戸部さんからおそらく笑顔で「俺が死んだことくらい、気にするな!」とおっしゃられるように思います。私は「何をおっしゃっているんですが、そりゃあ気にしますよ!」なんて切り返しているのかななどと思います。

 余命を宣告されてからお亡くなりになるまでの2か月の間、何度も叙々苑に焼肉を食べに行かれ、いきなりステーキでステーキを食べ、ゴルフにも何回も行き、温泉にも行き、いよいよ外出が難しくなった1月に入ってからはご自宅で焼肉を食べられていたということをご葬儀の中で知りました。本当に戸部さんらしい、闘病生活と言いながらも最後の最後まで豪快に楽しく、思うように生きられたのだろうと思います。延命治療という選択ではなく、最後の最後まで人生を楽しまれ、そしておそらくは本気で自分の免疫力でがんを克服しようと考えておられた、そんな戸部さんをあらためて尊敬いたします。その姿勢に最後の教えをいただいた思いです。

 戸部さん。本当にありがとうございました。そして見守っていてください。大きな仕事を成し遂げて、戸部さんに笑顔で「いい仕事したな!」と言っていただけるよう、強い決意を持って政治活動に邁進してまいります。

衆議院議員
山岡 達丸

1548288729956
1548288735501

 この4月に予定された統一自治体選挙に向けて、先週末続々と事務所開きが行われました。
 山岡も苫小牧の松井雅宏市議、沖田清志道議、室蘭の早坂ひろし市議のそれぞれの事務所開きにお伺いし、激励のご挨拶をさせていただきました。
 沖田道議と早坂市議の事務所開きには室蘭の滝口道議も来場され、共に必勝を誓い合いました。

 それぞれの皆さんはこれまで地域のために力を尽くしてこられた方々です。勝ち抜いていただくためにも山岡も力を尽くさせていただきたいと思います。

1548076012959
1548076029800
1548076051745

↑このページのトップヘ