日頃より、山岡達丸を応援する会をご覧いただいている皆様には、本当に温かいご声援をいただいておりますことに、心から感謝を申し上げます。
 私、山岡達丸は、昨日(6月1日)、民主党中央本部における常任幹事会において、北海道第9区の次期衆議院選挙の公認候補として、正式に内定しました。再び、胆振と日高を拠点に、私は国政に挑戦してまいります。次こそは、何としても皆様のご期待にお応えし、お役に立たせていただく強い決意です。

 私は2009年から2012年までの3年3カ月の間、国会議員として働かせていただいていますが、日本の財政状況は今後、さらに厳しくなる中で、これからの時代は、知恵と行動力、そして将来のビジョンを持って、国政に働きかけていかなければ、私たちの地域は取り残されてしまう時代になっていると感じています。
 いまだ政治は東京中心であり、焦燥感を覚えることもありますが、次の選挙までの期間は私にとって自分自身がさらなる研鑽を積み、多くの皆様と交流をさせていただく大切な時期だという思いをもって、「景気、暮らし、平和」に真剣に向き合う政治の実現のために、精力的に地域活動を続けていきたいと思います。

 私の自宅はもともと苫小牧ですが、この度、苫小牧市の元中野町に個人事務所、そして室蘭市中央町には政党支部の事務所を開設いたしました。それぞれ看板が目印になります。お近くを通りました際にも、どうぞ、お気軽にお立ちよりください。
 また胆振や日高の各地で、私の姿をお見かけしましたら、ひと言でもふた言でも、お気軽にお声掛けくだされば幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いします。

山岡達丸


150602北海道新聞「山岡公認内定」