今日は小雨が降る中でしたが、苫小牧退職者連合が主催する高校生平和大使派遣への署名活動に参加してきました。
場所は、メガドン・キホーテ苫小牧店前で、山岡とともに岩田薫苫小牧市議、松尾苫小牧市議が参加して、退職者連合の皆さんと核廃絶を訴えながら、多くの署名を頂いてきました。

この取り組みは、日本全国の核廃絶への声を署名に変えて日本の高校生が代表して毎年国連にその声を届けているものです。

折しも、ことしは国連でようやく核禁止条約の採択が行われることになったのにもかかわらず、昨日の長崎で安倍総理が「条約への批准、署名はしない」という外交方針を改めて明らかにしました。これは多くの関係者を落胆させるものであり、日本政するこれまでの「核なき世界」の訴えとも矛盾すると捉えかねないものです。

あらためて一人一人の署名を国連に届けることの意義を感じますし、道のりの険しさを思います。

署名していただいた皆さん、声を掛けていただいた皆さんありがとうございました!

[画像:791f45ed-s.jpg]
[画像:44b90609-s.jpg]