ことしも多くの皆様にお世話になりました。

何より、10月に行われました選挙におきまして、再び国政の中で働かせていただく結果をいただきましたことに心より感謝を申し上げます。

 

選挙は混迷を極めましたが、それでも私自身のことを信じてくださり思いを寄せて下さった皆様があっての議席です。皆様のご期待にお応えするべく、今後も精一杯の活動をさせていただきたいと思っております。

 

来年は与党はもちろんのこと、野党のあり方が問われる年となるかもしれません。

私は現在の小選挙区制度のもとで本当の意味で政治を動かす力を発揮するためにも、野党は再び大きな枠組みのもとで結集していかねばならないものと思っております。

 

私自身も東京一極集中の政治ではなく地方経済の目線から、一人一人の暮らしの安心を守り、日本の平和主義や暮らしの自由を保障するという基本的な考え方を貫き、生活者、消費者、納税者、勤労者の立場にたってしっかりと活動させていただきます。

 

現職国会議員として、一年の半分近くは国会にて活動させていただく事になりますが、出来る限りの胆振・日高の地域を歩いて、皆様のお声を聞かせていただく所存です。

地域で私の事を見かけましたら、どうぞお気軽のお声掛けください。

来年も引き続き、よろしくお願いいたします。

 

山岡達丸


171201経済産業委員会質問01