昨日、民進党と希望の党合同で全国的な豪雪被害などの対策会議が開催されました。

 その中で、山岡は豪雪被害を受けた地域の当事者として、9日に行った現地視察の状況を報告し、新ひだか町や新冠町などで見せていただいた農業用ハウス等の被災状況について説明させていただきました。

 

 農林水産省によると、農業被害は少なくとも北海道、福井、山形などでから報告が上がっていて、全容はまだ分からないとのこと。

 山岡からは、想定外の集中豪雪に対して、農家や農産地を守るために必要な措置を取ることを要求させていただきました。

180214民進希望合同豪雪被害対策会議01
180214民進希望合同豪雪被害対策会議02
180214民進希望合同豪雪被害対策会議03
180214民進希望合同豪雪被害対策会議04