会期末の間近となり、国会では内閣不信任の提出も含めて緊迫した情勢が続いていますが、一方で来年度予算の概算要求の議論を行う時期を前に地元からも多くの方々に陳情にお越しいただいています。

 この日は、平取町のアイヌ民族にかかわる施設について、川上町長や木村平取アイヌ協会会長らの皆様から、アイヌ文化を伝承する人材を育てるとともに、伝統工芸やチセなどの建築物に必要な木材などの資材を提供する環境を整えることの必要性について話を伺いました。

 アイヌ文化を巡っては、いま白老町で2020年にオープンするいわゆる象徴空間がピックアップされていますが、アイヌ文化は各地のコタン(集落)ごとに違いがあり、そうしたことにも十分配慮する必要があります。山岡からは地元の皆様との交流を通じて理解を深め、法整備も含めた国会審議に臨んでいく思いをお伝えしました。


180718平取町陳情01
180718平取町陳情02
180718平取町陳情03