山岡達丸です。

 2月27日の予算委員会分科会から、4月26日までのおよそ60日間において、本会議や委員会の質疑回数は計12回に及び、単純平均すると5日に1回の質疑に立っていたことが分かりました。

 1回の質問に質疑準備が2日(最悪1日のことはありましたが)は必要となりますので、まさに質問漬けの日々で、これに加えて、委員会視察の同行が2回あり、議員立法の提出にも関わったため、この2か月は過去にないボリュームの公務をさせていただくことになりました。

 今国会における自分の中の大きなテーマとして ①北海道胆振東部地震からの復旧復興支援対策 ②アイヌ民族の新法を巡る議論 ③北方領土を巡る外交問題の議論 には必ず参加しようと考える中で、少々活動を欲張ったことも影響しています。

 それに加えてこの4月は自治体議員選挙があったので、土日のみならず平日にも飛行機で北海道に戻ることも多く、一週間のうちに北海道と東京を飛行機で2~3往復することも複数回あるなど、常軌を逸したスケジュールになってしまいました。幸い、身体を壊すことなく現在に至っていますが、睡眠不足の日も増え、健康にはくれぐれも気をつけなければと感じています。

 この大型連休では道内のメーデーへの参加や、憲法記念日の街宣活動などを含めて、地元活動を予定しています。北海道の青空のもとでのびのびと活動する中で心身をリフレッシュをしつつ、通常国会の後半に向けて質の高い活動ができるような環境を整えていきたいと思います。日本の憲政史上初の10連休。皆様にとっても有意義なものとなりますことを心より祈念いたします。

1556327446380
1556327454864
1556327461742
1556327468181