山岡達丸を応援する会ブログ

元衆議院議員、元NHK職員、民進党北海道第9区総支部代表
衆議院北海道9区(苫小牧・室蘭・登別・伊達・胆振・日高)にて活動中

2017年06月

苫小牧市選出の元北海道議会議員、沖田龍児さんが叙勲を受けられましたので、その祝賀会に参加させていただきました。

沖田元道議は昭和54年に苫小牧市議会議員となり、市議5期、道議3期の32年間、地域の議員として活動されました。昭和54年というのは山岡が生まれた年ですから、そのことを思うだけでもいかに長きにわたり地域のために働いてきたかということを感じます。

山岡もご挨拶の機会をいただきましたので、地域に貢献されてきたことに対する感謝や尊敬の念を示させていただきました。
今後ますますご健勝でご指導いただきたいと思います(山岡挨拶の写真は取り逃しました)

image


image

昨日は、元厚真町議会議員の今村さんとあつま田舎まつりに参加させていただき、皆さんにご挨拶させていただきました。

あつま産の米粉を使ったパンや、豚丼、ハスカップを使ったクレープなど、あつま町の特産品が集まるおまつりで、天気にも恵まれ大盛況のもとで開催されていました

 

ここ最近、週末は天気が悪い日が続いていましたので、久しぶりの晴天に大変な賑わいでした。やはり外のイベントは天気が良いと気持ちが良いですね。

出店されていた皆さん、参加されていた皆さんお疲れ様でした!


170618あつま田舎まつり00
170618あつま田舎まつり01
170618あつま田舎まつり02

山岡達丸です。
まさか委員会での審議も中途半端のまま、無理やり本会議において強行採決を行うという手段にまで出るとは予想していませんでした。
今回、与党が強行可決を行った法案について、政府側は「テロ等準備罪」という通称を使いました。しかし法律の中身に「テロ対策に限定する」というような文言はなく、結局のところ277もの幅広い犯罪について実行前の準備段階と認定する段階で逮捕や捜査を可能にする(組織的犯罪集団に認定するとかしないとか、そのあたりの手続き論は置いておいて)ことに道を開くものとなります。

世界各国でいわゆるテロ行為において多数の一般市民が死傷している現状がある中、仮に日本を対象にそうした計画がなされていたとしたら、それを未然に防ぐ手立てが必要ではないかという議論そのものは理解できるところです。
ところが今回の法案の内容は「テロのため」と説明しながらも、どさくさに紛れて適用できる範囲をどんどん広げてしまおうという思惑があからさまに透けて見えていました。仮に現行法でテロの未然防止に足りないことがあるのならば、具体的事例に基づき限定したケースに関して十分な時間をかけて議論を行い、足らざるを補充するような法改正であれば、今回のような国会紛糾という事態は避けられたものと思います。

準備行為の段階でも犯罪と認定することができるとどんな事が起きるか。一般に冤罪による逮捕の懸念が伝えられますが、私は逮捕より以前に家宅捜索(自宅などに捜査機関の関係者が来て、強制的に内部の捜索が行われる)ということの恐ろしさも認識しておく必要があろうと思っています。つまり実行していなくても(実際にはするつもりがなくても)「その準備だろう」という疑いをかけられた段階において捜索令状を手に持った捜査機関の関係者が自宅に押しかけてきて、家の中を調べられるという恐れが生まれるのです。そしてそうした行為が頻繁に行われたとしても、また何も証拠が無かった(いわゆる空振り)だったとしてもマスコミなどに発表する義務はありませんから、世間に知られないまま乱用される懸念はぬぐえません。

逮捕とは当人の意に反した身柄の拘束であり、家宅捜索とは当人の意に反した強制捜査です。運用を一つ間違えれば、国民の生活が脅かされるものであり、その範囲を広げる法律なのですから、言わずもがな慎重にかつ十分な時間をかけた議論がなされなければならないものであったと思います。報道では加計学園の問題で窮地に立たされ、何が何でも国会延長はしたくなかったためなどとも伝えられておりますが、もしそういう理由で強行採決されたのならまさに国会の私物化に他なりません。

法律として成立したとはいえ、問題点は今後も残されていきますから、私も必要な議論に参加していきたいと思います。何より、皆様のご期待にお応えできる立場になるために地域での活動に尚一層取り組んで参ります。

image

 昨日は、共謀罪法案(組織犯罪防止法改正案)の問題点を訴える街宣活動を、先日の室蘭に引き続き苫小牧市内で行いました。
 国会の情勢は風雲急を告げており、場合によっては昨日に参議院の委員会採決が行われるのではないかと言われていましたので非常に危機感を強めています(結局、昨日の採決は見送り)

 何度も書いてきましたが、この法案は幅広い罪状について「犯罪をしそうだ」という疑いのもとで逮捕や家宅捜索の対象になることにある危険なものです。
 山岡も国会の場で議論できる立場に無いことは残念ですが、地域で問題点を訴える活動を続けていきたいと思います。


170613共謀罪街宣@苫小牧A
170613共謀罪街宣@苫小牧B

昨日は苫小牧の糸井山神社例大祭に参加してきました。
残念ながら雨混じりの天気で地面もぬかるんでいましたが、多くの人出で大変な賑わいでした。

最近、地域のイベントに声をかけていただくことが増えてきました。市民の皆さんと直接お話しできる貴重な機会ですので積極的に参加していきたいと思います。
皆さんも、山岡がお伺いしていいイベントなどがあれば、ぜひ声をかけて下さい!
image


image

↑このページのトップヘ