山岡達丸を応援する会ブログ

元衆議院議員、元NHK記者
衆議院北海道9区(苫小牧・室蘭・登別・伊達・胆振・日高)にて活動中

2017年08月

民進党の代表選を前に、札幌で前原氏と枝野氏の両候補による公開討論会が開催されました。

前原氏は55歳、枝野氏は53歳。それぞれ政権時代には主要なポジションを務め、党の中で中核的な役割を果たしてきた二人です。
討論会では、前原氏は人と人が支え合うという民進党が目指すべき日本の社会のあり方の具体的ビジョンや国民への選択肢としての民進党の存在の重要性を語り、枝野氏は安倍政権の横暴に対する怒りやどのように現政権に立ち向かうかという手法等について言及されていて、両者とも持ち味を出していました。

新代表のもとで一致結束して強固な党組織を作っていくことを期待しています。

[画像:b90e18e3-s.jpg]
[画像:ba90da60-s.jpg]
[画像:aed35ee5-s.jpg]

今日は小雨が降る中でしたが、苫小牧退職者連合が主催する高校生平和大使派遣への署名活動に参加してきました。
場所は、メガドン・キホーテ苫小牧店前で、山岡とともに岩田薫苫小牧市議、松尾苫小牧市議が参加して、退職者連合の皆さんと核廃絶を訴えながら、多くの署名を頂いてきました。

この取り組みは、日本全国の核廃絶への声を署名に変えて日本の高校生が代表して毎年国連にその声を届けているものです。

折しも、ことしは国連でようやく核禁止条約の採択が行われることになったのにもかかわらず、昨日の長崎で安倍総理が「条約への批准、署名はしない」という外交方針を改めて明らかにしました。これは多くの関係者を落胆させるものであり、日本政するこれまでの「核なき世界」の訴えとも矛盾すると捉えかねないものです。

あらためて一人一人の署名を国連に届けることの意義を感じますし、道のりの険しさを思います。

署名していただいた皆さん、声を掛けていただいた皆さんありがとうございました!

[画像:791f45ed-s.jpg]
[画像:44b90609-s.jpg]

 一昨日、室蘭市内で開催された滝口信喜道議を囲む第21回青空パーテイーに出席しました。
 室蘭市内選出のベテラン道議会議員としていつも大変にお世話になっている滝口道議ですが、毎年恒例の青空パーティーは単に後援会の集会という規模を超えた楽しいイベントで山岡もいつも楽しみにしています。
 今年は晴天に恵まれ大変な人出でした。準備された滝口道議、市議団の皆様、後援会の皆様お疲れ様でした。

 また、伊達武者まつりにも参加させていただきました。こちらも大変な賑わいでした。
 この時期の週末は大変多くのイベントが開催されていますが、皆さんとお会いするチャンスですので山岡もできる限り参加していきたいと思います。


170806滝口信喜道議を囲む青空パーテイーD
170806滝口信喜道議を囲む青空パーテイーC
170806滝口信喜道議を囲む青空パーテイーE
170806伊達武者まつりF

↑このページのトップヘ