山岡達丸を応援する会ブログ

衆議院議員、元NHK記者、38才
衆議院北海道9区(苫小牧・室蘭・登別・伊達・胆振・日高)にて活動中

2017年12月

ことしも多くの皆様にお世話になりました。

何より、10月に行われました選挙におきまして、再び国政の中で働かせていただく結果をいただきましたことに心より感謝を申し上げます。

 

選挙は混迷を極めましたが、それでも私自身のことを信じてくださり思いを寄せて下さった皆様があっての議席です。皆様のご期待にお応えするべく、今後も精一杯の活動をさせていただきたいと思っております。

 

来年は与党はもちろんのこと、野党のあり方が問われる年となるかもしれません。

私は現在の小選挙区制度のもとで本当の意味で政治を動かす力を発揮するためにも、野党は再び大きな枠組みのもとで結集していかねばならないものと思っております。

 

私自身も東京一極集中の政治ではなく地方経済の目線から、一人一人の暮らしの安心を守り、日本の平和主義や暮らしの自由を保障するという基本的な考え方を貫き、生活者、消費者、納税者、勤労者の立場にたってしっかりと活動させていただきます。

 

現職国会議員として、一年の半分近くは国会にて活動させていただく事になりますが、出来る限りの胆振・日高の地域を歩いて、皆様のお声を聞かせていただく所存です。

地域で私の事を見かけましたら、どうぞお気軽のお声掛けください。

来年も引き続き、よろしくお願いいたします。

 

山岡達丸


171201経済産業委員会質問01

 昨日は、苫小牧市で開催された「にわとりファミリー」の餅つき大会が開催され、山岡が参加しているボランティア活動の仲間たちと一緒に参加してきました。
 理事長を務められている小児脳外科医の高橋義男先生はもちろんですが、苫小牧市議会副議長の松井市議も参加されていました。

 もちつきは子ども達があわせて100名くらい参加した盛況な会で、山岡もスーツで参加ですが子ども達と一緒に餅をつかせてもらいました。
 出来たてのもちは美味しいですが、自分たちがついた餅はさらに格別です。子ども達が本当に美味しそうに食べていたのが印象的でした。

 子ども達のために楽しいイベントを準備されたにわとりファミリーの皆さん、お手伝いに入られたボランティアスタッフの皆さんお疲れ様でした!

171228にわとりファミリーもちつき01
171228にわとりファミリーもちつき02
171228にわとりファミリーもちつき03

 先日、道議会会派の民進党・道民連合の議員団の皆様と一緒に北海道の重点政策に関わる分野について省庁を訪れ、要請と意見交換を行いました

 参加した国会議員は、荒井さとし衆議、佐々木隆博衆議、神谷裕衆議、池田まき衆議、鉢呂よしお参議、徳永エリ参議、そして山岡の7人です。選挙を巡って、所属する政党は3つに分かれていますが、民進党北海道代表を務める徳永エリ参議の呼びかけもあり、これまでの関係を大切にした繋がりの中で行動させていただいています。

 JR北海道の経営立て直し問題や、自治体財政における基金の意義、地方の医師確保対策、日EUやTPP11を受けての北海道農業への影響と対策、アイヌ新法への取り組み、北方領土への対応など多岐にわたり、国土交通省や厚労省など5つの省庁を渡り歩きました。

171215北海道重点要望01
171215北海道重点要望02

今朝、先週までの国会を終えて苫小牧市内で朝一番の国会活動報告を行いました。

気温はマイナス3度。手袋を忘れてさすがに寒いですが、山岡は元気いっぱい国会での議論の内容をお話しさせていただきました。

[画像:9377abaa-s.jpg]
[画像:c51c9367-s.jpg]

111日から始まった特別国会が、昨日(129日)終了しました。

およそ1か月の間でしたが、野党の質問時間が限られれる中でも2度の国会質問の機会をいただき、地元の課題解決に向けて政府の公式見解としての支援表明を勝ち取ることができました。

 

また個別にもさまざまなご陳情をいただき、現在も対応させていただいているところです。こうして地域のために働かせていただくことができるのも、皆様に国会議員としての立場をいただいたからこそです。

今後も多くの地域課題に向き合い、政府に見解を質しながら地元への貢献をしてまいりたいと思います。あわせて国家の重大事項については、国会議員として皆様の立場を代表し議論に参加していく決意です。引き続き皆様のご支援を賜れますれば幸いです。

171201経済産業委員会質問01
171205農林水産委員会質問02
171101国会前写真

↑このページのトップヘ