山岡達丸を応援する会ブログ

衆議院議員、元NHK記者、39才
衆議院北海道9区(苫小牧・室蘭・登別・伊達・胆振・日高)にて活動中

2019年02月

 21日に大きな余震があってから最初の週末、被災地を回らせていただき、色々とお話しを聞かせていただきました。まだまだ余震が警戒される中ですが、山岡も被害の復旧に向けて力を尽くしていきたいと思います。

 また、この週末は行事が重なっていたため、胆振日高中を走り回りました。
 今回の一番の移動距離は室蘭→えりも町庶野の250キロ移動となりましたが、北海道9区の広さを実感した一日となりました。

写真は順番に
・青山たけし室蘭市長の事務所開き
・登別市の連合町内会役員会の懇親会
・えりも町庶野漁港の屋根つき岸壁、荷捌き場などの衛生管理施設の供用開始祝賀
の様子です。

 室蘭市の青山市長は普段から色々な行事でお会いするとともに、年が近いこともあって色々とご指導いただいています。今回は「誇り輝く室蘭」を掲げ3期目の挑戦となります。地域医療の問題、JXTGエネルギー室蘭の製造停止後の道筋など、多くの課題を抱える室蘭市においてリーダーシップが期待される存在です。更なるご活躍を期待しています。

1551060907808
1551060914034
1551060923927
1551060930091

 昨夜の地震で最大震度6弱を観測した厚真町と、安平町、むかわ町にそれぞれ入り、現地の状況を確認しました。

 地震発災時は山岡は国会日程のために東京にいて、電話などで状況を確認していましたが、けさ早朝の飛行機で地元に戻り、まっすぐ被災地に入りました。

 被災地には、4月の知事選挙に立候補を予定している『石川ともひろ』さんも、当日の予定を全てキャンセルし、入っていただいていたこともあり、厚真町からご一緒に各地の様子を確認しました。

 人命に関わる被害は報告されていませんが、厚真町では水道管が壊れ、一部地域で断水が発生したほか、むかわ町では煙突が倒れるなどの被害が出ています。

 いずれも9月の震災の影響で、応急処置をしたところや痛んでいたところなどであり、今後の余震に十分警戒しなければならない状況であることが、あらためて分かりました。

 また仮設住宅に住む方々もお見舞いし、高齢の一人暮らしのお母さんが、周りに心配をされながら生活されているお話などを聞かせていただきました。

 昨年9月の地震からまだ半年足らずであり、余震に気をつけながら復興への道筋をつけていかねばなりません。引き続き地域を歩きながら、国政の中で働きかけを行っていきます。

1550822038761
1550822049994
1550822118813
1550822123991

厚真町で震度6弱。
厚真町、安平町、むかわ町に確認しましたが現在のところ大きな被害報告は入っていないようですが、前回の震災で弱っているところなどの警戒が必要です。
引き続き、情報収集に当たっています。

 山岡達丸です。

 19日に内閣委員会の委員長職権で、20日に衆議院の内閣委員会が開催されることが突如決まり、委員会において菅官房長官を含めて、9人の大臣の所信聴取が行われました。質疑開始は22日からで、まだ日程は決まっていませんが、早ければ22日に質疑に立つことになります。

 ご存知のとおり、いま衆議院は予算委員会の審議真っ只中です。内閣委員会は9人の大臣が関わる広範囲な委員会だけに、予算審議中は各大臣に予算に集中してもらうため、例年、予算審議に影響するような開催は避けてきました。しかし、ことしはお構いなしで、とにかく詰め込み日程で審議を進めようという考えのようです。重要案件は数々ありますが、こうした日程ありきの進め方で本当に議論が深まるか心配をするところです。

 よく霞が関の官僚の残業が多くなる主な原因が、「野党の委員会質疑における事前の質問通告が遅いせいだ」、といった論を述べる方がいます。しかし与党議員の委員長職権による突然の委員会立てや、審議時間の消化だけを念頭においた与党国対による連日詰め込み委員会の開催が、質疑をする議員の日程にも負担をかけ、質問通告が遅くなる原因になっているという点も、国民の皆様には是非ご理解いただければと思っています。

 過去の与野党の申し合わせでは「質疑の2日前までに質問通告を」という努力規定があったと聞きます。いまでも与党側の方にはそのことをマスコミにいい、野党側の責任を強調する記事を書かせるよう働きかけをしているようです。しかし今回のように20日に大臣の所信を聞き、22日にその所信に対する質疑を行うという日程では、質疑時間や質疑者の決定のプロセスも含め、物理的に不可能だと言わざるを得ません。現政権の国会運営はこうした進め方が随所にあるということも、是非知っていただければと思います。

 前日には苫小牧市で開催された「松井まさひろさんと共に歩む会」の冒頭だけ駆けつけさせていただきました。松井市議を支える多くの支援者とともに4月の選挙を乗り越えて、あらたなステージで活躍いただくよう後押ししていくことを確認いたしました。私はその夜にはまた飛行機で東京に行く日程となりましたが、会場には7月の参議院議員選挙で立候補を予定している、はらや・なみ(原谷なみ)さんも会場に駆けつけ、松井さんへの激励の挨拶をされるとともに、懇親を深めておられました。はらやさんは全道を走り回っています。松井さん、はらやさんを含めて、仲間全員の当選に向けて私の立場からも取り組んで参ります。

1550733460292
1550733468533
1550722234691
1550722246123


 この週末、室蘭市の市議会議員、『こだま智明(ともあき)』さんの事務所開きが行われ、山岡も必勝に向けての激励に伺いました。会場には滝口のぶよし道議や、7月の参議院に立候補を予定している、はらや・なみ(原谷なみ)さんも駆けつけ、それぞれの立場から、こだまさんの必勝を訴えられました。その後、こだまさん、はらやさんと共に市内のミニ運動会場などを訪れて、子どもたちと交流をしました。こだま智明さんは、室蘭市の経済部門に精通するほか、文化・芸術などにも造詣が深く、市政の幅広い分野で活躍されている方であり、厳しい選挙戦を乗り越えて引き続き活躍されることを強く願っています。

 また新ひだか町三石には、参議院議員の徳永エリさんが入られる中、参議院選挙に立候補を予定している、勝部けんじさんと、はらや・なみ(原谷なみ)さんも揃い、それぞれが決意を述べられました。日に日に選挙は迫りつつありますが、国政逆転の夏を実現するためにも4月の自治体議員選挙を含めて、仲間全員の当選を目指して活動して参ります。

1550424308266
1550424328069
1550424336607

↑このページのトップヘ