山岡達丸を応援する会ブログ

衆議院議員、元NHK記者、42才
衆議院北海道9区(苫小牧・室蘭・登別・伊達・胆振・日高)にて活動中

2019年07月

 1945年の7月14日から15日にかけて、北海道では大規模な空襲に見舞われ2000人以上の方が亡くなり、このうち室蘭では太平洋沿岸からの艦砲射撃で400人以上の方々が亡くなりました。また伊達市や苫小牧市を始めとして、多数の犠牲者が出ています。毎年、この日に『平和街宣』を行なっているところですが、ことしは参議院選挙と重なり、街宣活動が制限をされているため行えません。この場にて戦争の惨禍に思いを寄せさせていただきます。

 参議院選挙は後半戦に入っています。

 35歳、女性として、ひとりの北海道民として、そして若い力で政治を変える、その決意の中で『はらや・なみ』候補は、必死の思いで訴えています。

 13日には札幌大通公園で、400人を前に決意を語り、また札幌市内を遊説に回りました。東京からは原口一博国対委員長も駆けつけていただき、力強い激励をいただきました。

 山岡も本体車の札幌市内遊説でマイクを握り、はらや候補への支援を強くお願いして回りました。

 19日午後から『はらや・なみ』候補は西胆振に入ります。夜には、室蘭市のヤマダ電機前で大集会を予定しています。

 道民の暮らしに一番近い目線を持つ『はらや・なみ』候補だと確信しています。どうぞ皆様の思いを寄せていただきますことを、心からお願い申し上げます。

1563194934386
1563194938924
1563194954121

 参議院選挙が4日から始まりました。『はらや・なみ』候補本人は、札幌市内を中心に懸命に選挙活動を行なっています。一方で、選挙の訴えが出来る街宣車は5日、8日、9日と胆振管内に入ってきています。山岡も苫小牧市内などにおいて、『はらや・なみ』さんへの支援のお願いをするためにマイクを握りました。

 『はらや・なみ』さんは、獣医師としての専門性、若さと女性としての視点、そして一般生活者にもっとも近い立場で、北海道の政治に新しい風をもたらせてくださることは間違いないと確信しています。

 選挙戦が中盤に差し掛かる中で、選挙の上位の情勢は固まりつつありますが、3つの枠の最後の椅子を目指し、『はらや・なみ』さんに多くの方に思いを寄せていただきますことをお願い申し上げます。

(はらや・なみさんの写真は、はらやなみ応援隊の皆様が撮影したものです)

1562794751072
1562794771271

 参議院選挙の最中の週末、安平町では馬産地としての「馬」と「うまい」をかけた「うまか祭り」を開催していて、山岡も毎年参加させていただいていますが、今回は昨年9月6日の震災の影響で例年の場所が使用できないなど、開催が危ぶまれてもいました。

 しかし元気な安平町の姿を全国に見せていきたい、毎年楽しみにしてくれている方々にまた集まってほしい、との思いを大切にして、ことしは場所を変えるなどして開催に至りました。関係者の皆様の心意気に心から敬意を表します。

 山岡もご挨拶の機会をいただき、復興に向けて心一つに頑張っていく決意を述べさせていただきました。

1562547127972
1562547131503
1562547139439
1562547147011

 会場で多くの方々と交流をさせていただく中で、住民の皆様の心にふれさせていただきました。また、復興に向けた課題についても意見をいただきました。このほか、苫小牧市内の祭りなどにも顔を出させていただきました。

 本日から7月21日投開票の日程で参議院選挙がスタートしました。
 北海道選挙区では獣医師のはらや・なみ(原谷那美)候補が国民民主党公認で立候補。山岡も早速決起集会に駆けつけ、マイクを握らせていただきました。
 はらやさんは、獣医師としての経験を活かし「すべての命に寄り添える社会」へ向けてチャレンジしていきます。

 早速、本日(4日)の17~20時ころ胆振東部地震の被災地(安平町、厚真町、むかわ町)にも入り、復興支援についての思いを語ります。

 これから全道を駆け回って政策を訴える活動をしていきますが、山岡も当選に向けて全力で頑張っていきたいと思います。

<はらやなみ・演説予定>
18:10 厚真町 役場前
19:30   むかわ町 はらやなみ後援会事務所(むかわ町松風)

1562210167469
1562210171504
1562210174631
DSC_1990

↑このページのトップヘ