山岡達丸を応援する会ブログ

衆議院議員、元NHK記者、42才
衆議院北海道9区(苫小牧・室蘭・登別・伊達・胆振・日高)にて活動中

2021年09月

 苫小牧市内では、通勤通学の皆様に向けて街頭演説を行っています。この日は苫小牧では最低気温は11度と、すっかりと秋の気配が感じられるようになりました(写真の後ろの方に紅葉の気配も・・・)

 北海道も緊急事態宣言が延長され、国政報告会などの会合が開けない中、直接政策をお伝えする手段も限られています。こういった街頭演説の機会を増やして一人でも多くの皆様に政策をお伝えして行きたいと思います。


210914朝街宣(苫小牧市清水町交差点)
210914朝街宣(苫小牧市清水町交差点)02


 厚真町、安平町、むかわ町を震源地とする最大震度7の大地震から、きょうで3年になりました。震災で亡くなられた44人にあらためて哀悼の思いを込め、厳粛な気持ちのもと、被災地にて黙祷をさせていただきました。


 遺族や被災者の方とお話をすると、悲痛の思いが癒えるには、とても短い歳月であることをあらためて感じます。実際に仮設住宅に避難されたあと元の居住地に戻れた方は3割程度とも言われており、複雑な思いの中でいまも暮らしておられることを忘れてはならないと思います。

 また崩壊した山林は完全に復興するまで100年かかるとも言われており、現行の制度の枠組みではなくあらたな支援制度を構築するべく、あらたな課題として政治の場で議論をしていかねばなりません。

 今日はさまざま思いを巡らし、厳粛な気持ちのもと、静かに被災者に思いを寄せる日とし、決意を新たに明日からの活動に邁進していきます。

↑このページのトップヘ