北海道苫小牧市等を中心に進められてきたCCS(二酸化炭素の地下の貯留)事業や、水素等を活用する取り組みに力を入れてきた室蘭市等の実績を踏まえた、二つの法案が国会で審議されています。


 地元の将来に大きく関係する法案だけに、山岡は5日間の審議日程のうち2日渡り、合計1時間に及ぶ国会質問に立ちました。特にCCSについては、漁業者の協力なしには進まなかった事業であり、漁業者が求める課題の解決に経産省の姿勢の釘を刺す場面もありました。

 山岡は経済産業委員会の8人の理事の中で筆頭理事の立場をいただいており、経産省や資源エネルギー庁との連携を深めながら政策を前に進めてまいります。

1712225746863
1712225750536
1712225758746
1712225763430